エストポリス伝記III応援ページ:Lufia 3 Fan Page

エストポリスオフ2013レポート

2013年6月22日に、エストポリス伝記20周年を祝って、いささん幹事の元、ゲームカフェ・バー『Ninety』でエストポリスシリーズのファンが集まってオフ会を開催しました。

スペシャルゲストとしてエストシリーズ作曲担当の塩生康範氏、エストシリーズ音楽アレンジ、エナジーブレイカー・カオスシード音楽担当の中島享生氏、カオスシードグラフィック担当のくろさわ氏、カオスシードのグラフィックや海外版Lufia The Legend Returnsのキャラ絵担当の亀えりか氏が参加してくださいました。去年ご参加いただいた宮田正英氏は残念ながら直前にご都合で参加できなくなったのですが、中島さんのご協力により、途中で電話でご参加いただくことができました。

オフ会で供されたメニュー

Ninetyさんの方でネバーランドカンパニー制作のゲームに出てきた数々のメニューを特別に再現してくださいました。

ドリンクメニュー

食事メニュー

カブヘブンの出典はルーンファクトリーです。どの料理も美味しかったのですが、一番盛り上がったのは最後のデザートのコアシリーズでした。レッドコアはざくろ味、ブルーコアはブルーハワイアジ、グリーンコアはメロン味、そしてノーコアはリンゴ味でした。

レポート協力:やすさん、いささん

オフ会でのできごと

今回はファン同士の交流がメインでした。BGVとして、未来へ〜vocal version〜に合わせたエストポリス伝記2のエンディングムービーと、シリーズCM集(エストポリス伝記/エストポリス伝記2/DSエストポリス/ルーインチェイサーズ:98年に本サイトで勝手に作成した予告編をこの度リファインしたもの)をエンドレスで流していました。この動画についてはこちらのページにてダウンロードが可能です。

ネバーランドカンパニーロゴ入りTシャツ争奪戦

昨年のオフ会で販売されたネバーランドカンパニーロゴ入りTシャツの在庫が2枚だけあったため、それを巡って争奪戦が繰り広げられました。参加者(POさん、やすさん、fuyuさん)はエストポリスシリーズへの思い入れを訴え、更に塩生さん、中島さんも交えてジャンケン大会となりました。

中島さんが予め「グーを出す!」と予告されたのですが、それを深読みしすぎてチョキを出してしまったPOさんがまず脱落。次いでやすさんが脱落し、最終的にTシャツはfuyuさんと塩生さんの手に渡りました。

ちなみに中島さんが一番思い入れのある場面はエスト2の「未来へ」が流れる直前のマキシムが1人で行動する場面、塩生さんはエスト2のエンディングだそうですが(ご自分でプレイされたらボロボロ涙が出るそうです)、お子さんにその場面をプレイさせてみても反応が薄く、ちょっとまだ早かったかな……と思われたそうです。

宮田さん電話生出演の質問コーナー

今年も参加者の方からエストポリスに関する質問がいくつか出たのですが、その答えは宮田さんしか分からないだろうということで、急遽中島さんが宮田さんにお電話を!生出演で回答していただきました。その質問とは……

エストポリス伝記IIに、プレアマールという海底都市とカネアマールという人物が出てきました。両者の名前は非常に似ていますが、何か関係があるのでしょうか。
(宮田)……適当につけたはずです。特に関係はありません。
エストポリス伝記の虚空島ダンジョンに住み着いている老人がいましたが、虚空島が落下した後どうなったんでしょうか。
(宮田)あれ、虚空島落下したんだっけ……?エンディングでいないなら多分無事に脱出したんでしょう。ちなみに彼はエストポリス伝記2のエンディングの後まだ若い時に虚空島に住み着いて、そのまま歳をとってエストポリス伝記の頃には老人になっていたと思われます。

塩生さんのインタビューコーナー

近況を教えてください

(塩生)今は実家のある栃木で親父が2010年に「そば処 しろやま」という蕎麦屋を開いたので、そこの店長をしています。

音楽盗用問題について

(塩生)この件については絶対にオフ会で聞かれるのできちんとコメントを用意しておくようにと妻から言われていました(笑)。どちらの件も、中島さんからmixiで連絡がありました。スパロボの方についてはmixiのコミュにも報告した通り、作曲者としてバンダイナムコ担当者に連絡をとったのですが、現役でゲーム業界で作曲活動をしていた訳ではないこともあり対応してもらえませんでした。ファンの人たちがいろいろ働きかけてくれているのに何もできない自分の無力さが情けないと思い、悔しかったです。そして問題解決のためにいろいろ動いてくれたファンの人たちの行動が、それだけ愛されていることがとても嬉しかったです。スパロボの方は最終的に一応謝罪があってほっとしました。アリスナインの方は解決はしていませんが、同じゲーム業界でないこともあり、難しい業界なんでしょうね。

今後の音楽活動の予定は

(塩生)実は妻と「オレンジエレファント」(略してオレ象)というユニットを組んでいて少しずつ活動しようとしています。今回のオフ会でファンの方から元気をいただいて活動のモチベーションにし、弾みをつけようと目論んでいます。現時点ではまだ発表できるものはないのですが、出来次第Youtubeなどを利用して活動していきたいですね。その時はよろしくお願いします。

特別ゲストのコメントコーナー

自分の関わったタイトルの中で一番思い入れのあるタイトルは何かを皆さんにおうかがいしました。

塩生さん
カオスシードです。エストポリスの時は宮田さんからの指示が「街の曲」とか「フィールドの曲」とか非常に漠然としたもので非常に悩みながらの作曲だったのですが、カオスシードの時はイラストなどかなり具体的なイメージが持てる資料が大量に提供されたので、メインのモチーフを元に全体のバランスを見ながら曲の構成を組み立てることができました。
くろさわさん
カオスシードですね。最初にメインで加わったタイトルですし。当初は高円寺に部屋を借りて4人ぐらいで缶詰になって作ってました。なかなか開発が進まず、その後他チームと合流して作ることになったのですが、そういった経緯も含めて思い出深いです。
亀えりかさん
私もカオスシードです。キャラクターグラフィックだけでなく、一部シナリオも担当したりいろいろやりました。柏木さんの最初のラフを私がブラッシュアップしたものが最終的に美麗なイラストに仕上がってくるのが楽しかったです。実は攻略本の校正もしたんですが、結局間に合わなくて反映されなかったのが残念でした。
中島さん
初めてメインで関わったということではエナジーブレイカーなんですが、それとは別に、今担当しているパズドラについては、作曲を始めてから初めて、自分の感性だけを頼りにするのではなく、他の人の意見を聞いてそれを取り入れたらもっとよいものができたという経験をすることができて、仕事の仕方に幅が広がったので特別な作品です。

おまけ

持参したエストポリス伝記のサントラに、塩生さんと中島さんにサインをいただきました。塩生さんはこの日の為に密かにサインの練習をなさっていたそうです。ありがとうございました!

その他のオフレポはこちら